11550円 POLARTECパワーグリッド仕様のフリースシャツ モンチュラ MONTURAランフライマグリア メンズブラック×グレー(9093) スポーツ・アウトドア アウトドア ウェア メンズウェア 防寒インナー MONTURAランフライマグリア,POLARTECパワーグリッド仕様のフリースシャツ,11550円,メンズブラック×グレー(9093),iambillal.com,スポーツ・アウトドア , アウトドア , ウェア , メンズウェア , 防寒インナー,モンチュラ,/baroscope1029451.html 11550円 POLARTECパワーグリッド仕様のフリースシャツ モンチュラ MONTURAランフライマグリア メンズブラック×グレー(9093) スポーツ・アウトドア アウトドア ウェア メンズウェア 防寒インナー POLARTECパワーグリッド仕様のフリースシャツ モンチュラ MONTURAランフライマグリア メンズブラック×グレー 送料無料/新品 9093 POLARTECパワーグリッド仕様のフリースシャツ モンチュラ MONTURAランフライマグリア メンズブラック×グレー 送料無料/新品 9093 MONTURAランフライマグリア,POLARTECパワーグリッド仕様のフリースシャツ,11550円,メンズブラック×グレー(9093),iambillal.com,スポーツ・アウトドア , アウトドア , ウェア , メンズウェア , 防寒インナー,モンチュラ,/baroscope1029451.html

POLARTECパワーグリッド仕様のフリースシャツ モンチュラ MONTURAランフライマグリア メンズブラック×グレー おすすめ 送料無料 新品 9093

POLARTECパワーグリッド仕様のフリースシャツ モンチュラ MONTURAランフライマグリア メンズブラック×グレー(9093)

11550円

POLARTECパワーグリッド仕様のフリースシャツ モンチュラ MONTURAランフライマグリア メンズブラック×グレー(9093)








POLARTECパワーグリッド仕様のフリースシャツ モンチュラ MONTURAランフライマグリア メンズブラック×グレー(9093)

商品ピックアップ

いま注目の情報

新商品 NEW ITEM

新商品

新着レシピ NEW RECIPE

人気レシピランキング RECIPE RANKING

人気パーツランキング PARTS RANKING

最近見たアイテム

RUN FLY MAGLIA

【メーカー説明文】 
軽量でソフトな薄手のPolartecreg; Power Gridを使用したロングTシャツ。内側のグリッドフレームは、汗抜けを良くしてくれアクティブに動く運動に最適です。サイド部にはストレッチフリース素材を使い動き易さを提供してくれます。 特殊な構造で伸縮性が非常に優れています。内側は少し起毛しており、非常にソフトで肌に大変心地よく快適。


特許/複合グリッド構造を持った高機能フリース。高い通気性と最良の調湿機能により、肌の水分を素早く拡散/排出し、すぐに乾きます。イージーケアで、UVカット機能(UPF15+)も有ります。

・重量:230g
・素材:外側 メイン生地:84%PL 16%EA / 外側 セカンド生地:80%PL 20%EA / 側面 挿入生地:95%PL 5%EA
・原産国:モルドバ

【信州トレマン・ブログより】
このポーラテックパワーグリッドの素材は本当に秋冬のランニングやトレイルラン、登山に最高です。
生地の裏は、マイクロファイバーみたいなフワフワしたものが格子のようになり、四角部分のフワフワが汗を吸い取り、表面に水分を逃がします。
これにより内側の肌側はドライで、外側は濡れている状態になります。
実際にランニングや登山終了後、着替えでシャツを脱いで触ると内側と外側の濡れぐらいは歴然としてます。
そして四角と四角の格子の間は生地が薄くなっていて、蒸れはその薄い部分から放出されますが、インナーシャツの上からウインドブレーカーなどを着ると、そこに空気層ができ暖かくなります。
反面暑くなりウインドブレーカーを脱ぐと、格子の間の薄い溝中心に蒸気がどんどん抜けて行きます。走るのに使いやすい構造なのです。
ウインドブレーカーの着脱で、保温モードとアクティブモードに切り替えやすいんです。
3~4時間ぐらい走る場合は自分はこれ1枚にウインドブレーカーなんですが、長時間走る場合などは、生地の保水能力を超えてしまい、裏まで濡れた感になりやすいです。
丸一日走ったり、登山をする場合などはファイントラックのドライレイヤー(ベーシック)と組み合わせるのがベターです。
これが最強の組み合わせです。
ファイントラックのベースレイヤーは撥水が効いているので運動時の大量の汗はメッシュを通して、外側に来ているインナー(この場合パワーグリッドのインナーシャツ)に汗を吸わせます。
パワーグリッドのインナーはドライレイヤーを通してきた汗をさらに外側に放出します。ドライレイヤーとパワーグリッドのインナーの内側で2枚
ドライな層ができるので、ほぼ汗冷えはしにくいです。
丸一日汗を大量にかくと、パワーグリッドのインナーのドライ機能が限界になります。※夏ならすぐ乾きますが、冬はまず行動中にウエアが乾くというのは考えにくいです。
ただファイントラックの撥水のドライレイヤーが肌とインナーシャツの間にサンドイッチされるので。
インナーシャツの汗で冷えた冷たい感じが肌の上のドライレイヤーが撥水の膜になる感覚で、冷え感が伝わりにくいです。
自分はスノーシューの時は必ず、ドライレイヤー&パワーグリッドの2枚構造で着ていますが、結構スノーシューはラッセルなどで運動量が多く、汗かくんですが、山頂でも汗冷え感はゼロに近く、下山してそのまま着替えないで店まで移動しても全然寒い感じはありません。
お勧めのアクティブな秋冬のウエアコーディネートです。